人気が急上昇の美容機器!製造する時に必要な情報や注意点などをご紹介

このサイトでは、昨今では女性明けでなく男性の間でも使用をされるようになった美容機器について解説をしていきます。
国内では2000年以降、家電量販店だけでなくネット通販サイトでもいろんな機器を購入できるようになりました。
そしてこれから製造をしたいという会社も多いでしょうが、その際の注意点や必要な情報を見ていくことにしましょう。
はじめてでわからないという方にとって、開発ので助けになる事柄を述べていきます。

人気が急上昇の美容機器!製造する時に必要な情報や注意点などをご紹介

人気急上昇の美容機器を製造するとき、必ず安全性を高める努力をしなくてはいけません。
日本ではJICと呼ばれる工業規格があり、販売をするときは必ずこの認定を受けなくてはいけません。
美容機器はさらに厚生労働省の検定も必要で、その基準をクリアできる製品を製造する義務があります。
まず最初のどんな効果を得られる美容機器を作っていくのかを念頭において、安全面を高めて製造をすることに主軸を置いていく必要があります。

美容機器を製造するのに取得しなければならない資格は?

美容機器の場合、医療機器の定義に該当するときには医療機器になりますが、それ以外は医薬品医療機器等法上の区分ではないです。
ただ、美容機器でも製造して販売するときには製造・品質・安全管理の責任求められていて、例えば医療機器だと事業者は「医療機器製造販売業許可」の取得が必須です。
製造業者は必ず自社でなくても、製造所や工場は別法人でもよく、専門の技術を持った業者へ委託することも出来ます。
設計・主な組み立て・減菌・最終製品の保管を行う場合は、「医療機器製造業登録」が必要で、外国からの輸入や外国で設計している時には「外国製造業者登録」も取得しないといけません。
登録の取得には要件を満たす責任者「責任技術者」を実施管理出来るように配置することなどが要件で、構造設備の適切さは要件ではないです。
資格というわけではないですが、許可は必要であり製造管理のために必要な設備・器具・作業環境などは求められます。
医療機器に含まれる場合だとQMS省令という製造管理・品質管理の基準の中に規定があって、原則これに従い管理されてます。

美容機器の製造に必要な設備や試験は?

美白やピーリングといった美容施術をする場合、必ず美容機器を使用するのが基本です。
国内では数多くの企業が生産をなされており、新規参入をする会社も増加傾向です。
これから自社で新しく美容機器を開発しようとお考えの方もおおいでしょうが、ここで簡単に開発に必要な設備や試験について解説をしていきます。
まず脱毛処理のみの機能を有したもおであれば、比較的規模が狭いスペースで作ることが可能です。
美容機器は電気を使用する家電に位置づけられるため、設備には配電盤とブレーカーを設置しないといけません。
日本では100ボルトの電圧で家電を動かせるので、新しく配電盤を増設しても高圧電流を有することはないわけです。
試験は安全テストと、実際に美容機器で目的の効果を得られる点を証明することになります。
社員が実施をするほか、美容サロンやモニターを募ってテストをするのが基本です。
それらをパスしたらあとは生産を開始して市場に投入します。

美容機器の製造を行う施設の条件は?

美容機器の製造を行う施設には、細かく条件が設けられています。
その条件を満たしていない場合には法律違反に問われる可能性があるため、違反をしていないかは細かく確認しておくべきところです。
まずこうした製造工場では「製造業許可」をもらっていることが第一に挙げられます。
この製造業許可は、美容機器の製造を行う目的があったうえで製造所ごとの許可があることを指します。
さらには、美容機器を作る施設では品質管理基準への適合や製造販売安全管理基準への適合がきちんとされているかも重要な要素です。
作ろうとしている美容機器の品質や安全性に問題があると、省令違反や法律違反に問われ作るために必要な許可が取り消されてしまうこともあるため、気を付けなければなりません。
責任者の適切な配置などといった人的要件と、製造所の構造設備基準を記した物的要件によって条件が決められていることを理解しておきましょう。
人的要件にはそれぞれの作業工程の責任者・管理者の配置のほか書類申請者を設けることが定められており、物的要件には、換気が適切で清潔であることや作業を行うのに支障のない面積を有することなどが該当します。

美容機器を製造するのに届出とかいるの?

美容機器の製造の際に届出が必要かどうかは、実は非常に難しい問題です。
美容機器・健康器具というカテゴリであっても、その構造や性能が医療機器と見なされた場合、薬事法のため届出が求められます。
美容機器がもし医療機器と見なされた場合は、製造販売業許可と製造業許可などが必須です。
これに背いた場合は薬事法違反として摘発されるため、注意が必要となります。
このため、該当するかどうかは判断がしにくく行政や法律の専門家と相談すべき問題と言えるでしょう。
美容機器を正しく販売するため、許可を得るプロセスは一般人が行うのが困難なものとなっています。
製品の概要・基本要件や適合確認条件・製造所の場所など必要となる情報は数多く、一度に調べることも難しいものです。
ただし、現在は許認可取得代行サービスを実施している行政事務所が存在します。
まずは製品が申請すべきものか相談し、その後必要であれば許可の手続きを行うのが一般的です。

美容機器に関する情報サイト
美容機器の情報サイト

このサイトでは、昨今では女性明けでなく男性の間でも使用をされるようになった美容機器について解説をしていきます。国内では2000年以降、家電量販店だけでなくネット通販サイトでもいろんな機器を購入できるようになりました。そしてこれから製造をしたいという会社も多いでしょうが、その際の注意点や必要な情報を見ていくことにしましょう。はじめてでわからないという方にとって、開発ので助けになる事柄を述べていきます。

Search